つみ木

UVコーティングを使って紫外線から肌を守ろう

手入れの簡単な美しい床

フロアー

既存の住宅でも施工可能

市販の床用ワックスは、塗ってもすぐにはがれてしまったり、水拭きが出来ないことから汚れが蓄積されやすいという面があります。そこで、フロアコーティングすることで、床を美しい状態に保つことが出来ると最近人気となっているのです。フロアコーティングには、新築時にもともとコーティング剤を使用している床材を用いることも出来ますが、既に使用している床でも、あとからコーティングすることは可能です。フロアコーティングのメリットとしては、床が水拭きできるようになりいつも清潔な状態に出来る、キッチンなどの油汚れが落としやすい、紫外線による劣化を防ぐことが出来るなど、使用するコーティング剤によっても得られる効果は変わります。既存する建物のフロアコーティング施工は、まず施工業者と共にフロアのチェックをします。傷や凹凸が目立つ部分もある場合は、補修をするかどうか事前に話し合っておくことが必要です。置いてある家具等はすべて取り除いての作業となります。また、ドアや壁にコーティング剤が付着しないよう養生も必要です。すでに塗られているワックスは、剥離剤を使い丁寧に剥がしていきます。ワックスが残っていると、コーティング剤が上手く乗らない原因になってしまいますので、ここは丁寧に行います。コーティング剤を塗る前には下地を塗ります。その後、厚みにバラツキが出ないよう均一にコーティング剤を塗っていきます。塗布から乾燥までおよそ半日から一日程度の時間を要することになります。塗っている間は、ほこりなどが付着することを防ぐために施工業者以外の立ち入りは禁止となります。フロアコーティングが無事終わったら、その後の手入れはぐんと楽になります。通常はフロアワイパーなどで埃を取れば大丈夫です。目立った汚れは絞った雑巾でふき取るようにしましょう。