つみ木

UVコーティングを使って紫外線から肌を守ろう

床を美しく保つために

空き部屋

床材を保護しましょう

新築を建てるのであれば入居前にフロアコーティングをすることをお勧めします。何故ならフロアコーティングをすると床材が保護出来るので傷がつきにくくなり、長く床の美しさを保つことが出来るからです。それによって入居したあとも新築のような綺麗な床のまま生活出来ます。フロアコーティングをするには基本的に業者に頼むことになります。作業工程としてはまず養生を行います。養生を行うことで施工しない場所にコーティング剤などが流れないようにします。そしてその次に新築であっても床の下地処理をすることが必要です。何故なら小さな傷や汚れがあるだけでも綺麗にコーティングすることが出来なくなってしまうからです。例え新築であっても工事の際に気づかないほど小さな傷や汚れがあってそのまま引き渡されてしまう場合があるからです。そのためフロアコーティングの施工依頼をする前にまず一度フローリングをきちんと綺麗にしてから依頼すると良いでしょう。床に穴があいていればパテで塞ぎ、床を補修したあとがある場合は汚れなどを掃除しましょう。業者によっては、このような作業も引き受けてくれることがあるので確認しておくとよいでしょう。そして、実はこの下地処理はフロアコーティングをする上でかなり重要な作業となっています。この作業を怠ると汚れを封じ込めてしまうことになるからです。また、フロアコーティングの施工はコーティング剤の塗布をして、乾かしていきます。しかし1度だけではなく何度か重ね塗りする必要があるので時間がかかるということもきちんと確認しておきましょう。場合によってこの作業だけで6時間かかります。フロアコーティングにはガラスコーティング、UVコーティングやシリコンコーティングなど種類があるため、業者に相談しながら自適切な種類を選ぶようにしましょう。